各部門の紹介

看護部

看護部長あいさつ

 心のケアに携わる私たちは、関わる方々に対し、その尊厳を認め、いつも優しさと誠意を持って、個別性重視の看護・介護に努めることが重要と考えています。

 人間の心の奥底に何が起きているか…病態が多様化している現状での「精神科看護」には、医学的な知識やケアの技術のみならず、看護・介護者の「人格」、特に「人間性」が必要とされていることは言うまでもありません。その「人間性」は、職業人としての高い倫理性と、教育・教養に基づいた感性があってこそ、患者様など関わる方々に対し実践・具現化し、反映できるものでしょう。平たく言えば、日常の「笑顔」と「傾聴」をそなえて、患者様の暮らしを支え、人として豊かに安心して生活していただけるよう援助することだと考えます。

 看護・介護は、安全・安心が課せられる責任の重いハードな仕事ですが、それ以上に大きな喜びがあります。私たちは、看護・介護を通して、自らも学び成長できる尊い仕事をさせていただいております。

 看護・介護職員には、一人一人向上するための個人目標を掲げて、一年間実践の努力を積み重ねることを課題にしています。特に、患者様目線での目標を掲げ、そこに一歩一歩近づけるコミュニケーションと能動的チームアプローチにより、進取の心を大事にするよう励んでおります。

外来看護部

 地域に根ざした病院を目標に、外来では内科・精神科・心療内科の診察を行っています。
 現代の複雑な社会環境の中で、私たちはストレスを抱えながら生活しています。一つの出来事が自分の中でどんどん大きくなり、身動きできなくなることは珍しいことではありません。そんなとき、医師をはじめ、看護師、ソーシャルワーカー、臨床心理士など、多くの職種のスタッフが心のケアをお手伝いしたいと考え、努力しています。

認定看護師

 当院で日々活躍している認定看護師を紹介します。現場での実践の外に、専門的な知識と熟練した技術の指導や相談等を担い看護の質向上に貢献し、期待されています。

専門

認知症認定看護師

名前

菊地 弥栄子

役割 認知症の方の個別支援、生活療養環境等の調整をスタッフと共に行い、又、ご家族の相談も行っています。

※認定看護師の取得については、院内の推薦制度や本人希望により、資格取得費用の一部援助を行っています。